Sonnexのタッチ技術 Sonnexのタッチ技術ソリューション

SAW のタッチ技術: 表面弾性波

表面弾性波方式は抵抗膜方式の欠点である透明度の低さを解決するために開発された。剛性の高いガラスなどの基板の複数の隅に圧電素子を取り付けて振動波を発生させる。板に触れていると固定点となり、振動波はそこで吸収され一部は跳ね返る。跳ね返りを圧電素子の電圧の発生によって検出する。各々の反射時間を計測して指などの接触した場所を検知することができる。超音波方式とも呼ばれる。

抵抗膜方式に比べて視認性に優れ、構造的にも堅牢で寿命が長く出来る。抵抗膜方式同様に、押さえるものは必ずしも指でなくとも良いがある程度制約はある。

Sonnex SAW Touch monitors

IR 赤外線方式: Infrared Technology

主に赤外線LEDが光源であり、透過型ではこの赤外光を遮断することで位置を検出するが赤外光だけではスイッチの押し下げを感知できない。反射型では操作面の周囲に赤外線LEDとそのセンサーを厚みをつけて配置する為の額縁が必要となる。日光の入る野外やその近くでは使用できないなど多くの制約があり、あまり採用されていない。 光センサーと液晶を一体にしたパネルを使用した物もあり、指やペンの影や反射光を検知する。

Sonnex SAW Touch monitors

カメラセンシング技術: 光学センサー

光学式タッチスクリーン技術は画面の角部等にカメラを使用し、センサーとして指やオブジェクトの動きを感知する技術である。

タッチパネルを実現する技術のうち、投光器から発した光をイメージセンサーで検出する方式のタッチパネルのことである。光学式タッチパネルは赤外線などの不可視光線でディスプレイ上を走査し、指などで光が遮られた場合に、その座標を検出して入力を感知する仕組みとなっている。このため、一般的なタッチパネルの動作方式である「静電容量方式」や「感圧式」とは異なり、ポインティングデバイスを限定することがない。また、高品質の画面表示を維持できる、大画面を実現しやすい、といったメリットもある。

Sonnex SAW Touch monitors
© 2014 Sonnex | 無断複写·転載を禁じます。 www.sonnex.com.tw        |  英語 | 中国語 | 日本語 | スペイン語 |